身体の中から綺麗になる栄養たっぷりアボカド

アボカドには栄養素が多く含まれてると言われている。

今じゃ、健康や美容、ダイエット食品としても有名なアボカド。

今回はアボカドの栄養素、身体に良い効果を調べてみた。

アボカドの栄養素

アボカド100gあたりの栄養素

エネルギー187kcal
たんぱく質2.5g
炭水化物6.2g
脂質18.7g
カリウム720mg
マグネシウム33g

アボカドの効果

健康、美容面、身体の中からアボカドの栄養素は綺麗にしてくれやすい。

水溶性食物繊維が豊富 便秘解消に効果的

アボカドの食物繊維は果物中でも、トップクラスに食物繊維が豊富に含まれている。

特に水溶性の食物繊維が豊富に含まれる。

水溶性の食物繊維は便を柔らかくしてくれたり、便を流しやすくしてくれる効果がある。

また、腸内環境を良くしてくれる、腸内フローラルを増やしやすい。

病気予防にも最適 オレイン酸が豊富

アボカドに含まれる脂肪は、オレイン酸という脂肪酸。

オレイン酸は、悪玉コレステロールを善玉コレステロールにしてくれる期待できる。

その為、動脈硬化心臓病脳卒中高血圧の予防に繋がりやすい。

浮腫予防に最適 カリウムが豊富 

アボカドに含まれるカリウムはバナナの約2倍多く含まれている。

カリウムは浮腫を取れやすくしてくれたり、身体の老廃物を流してくれる。

グルタチオンで美肌効果

グルタチンとは、シミの元になるメラニンの作成を抑制しやすくしてくれる。

日焼けで黒くなった肌を白く美肌にしやすい。

また抗酸化作用がある。

身体のサビを取り、アンチエイジングである老化予防にも繋がりやすい。

抗酸化、老化予防に効果的である。

アボカドは1日1個までが理想

森のバターとも言われているアボカド。

アボカドの約20%が脂質と言われている。

アボカド1個あたりカロリー280kcal。

お茶碗1個分くらいのご飯と一緒。

カロリーが高いので食べ過ぎには注意したい。

食べる目安は1日1個までが理想である。

食べ過ぎると身体に支障が出やすい

脂質が多いことから、胃もたれ、胃痛、胸焼けを起こす原因となりやすい。

食物繊維を多く含むため、腸内を刺激しやすくするため、下痢腹痛も引き起こす原因になりやすい。

食べすぎると太る原因になる。

まとめ

栄養素がとても高く、ダイエットや健康、美容にも良いアドカド。

これだけ栄養素が高いと人気の理由が分かる。

全ての食べ物に言えるが、適量を食べることがやはり理想である。

アボカドも適量を毎日の食事に上手く取り入れて行きたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする