クエン酸 水周りの汚れ落としに最適

水周りの汚れは特に落ちにくく頑固な汚れが多い。

そんな時な役立つのがクエン酸。

今回はクエン酸の使い方、どんな場所に有効なのか調べてみた。

クエン酸の栄養素

クエン酸とは、柑橘系の果物や梅干しなどに多く含まれている酸性の成分。

自然由来の成分なので身体に害はなく、口にしても安心

ドラックストアや100均にも販売されている。

クエン酸が効く汚れとは

クエン酸は弱酸性を示すので、アルカリ性の汚れと中和することで、汚れを落としやすくしてくれる。の汚

1、水垢

水垢の正体は、水道水に含まれるカルシウム、マグネシウム、ケイ素などのミネラル

水道水を消毒する過程で溶け込ませた塩素の一部が、シンクなどで濡れたり乾いたりを繰り返すうちに凝縮され、白く固まっていく。

人体に影響はないが、そのまま放置しておくと、汚れはどんどん蓄積されやすい。

水垢はアルカリ性を示す。

ミネラル分の汚れ落としにとても有効なのが、クエン酸。

細菌の増殖を抑える殺菌効果がある為、汚れを落としながら、除菌効果もあると言われている。

2、お風呂の石鹸カス、排水口周り

床や壁に発生しやすいヌメヌメ汚れ。

こちらもミネラルや、水垢を含むのでアルカリ性の汚れ。

また黒ずみにもクエン酸は適していると言われている。

排水口の気になる臭いも合わせてクエン酸で消臭したい。

3、トイレの汚れ

便器の上の淵側に着きやすい頑固な尿石

便器の裏側に尿が跳ね返ってついた汚れなどが、臭いの原因になるアンモニア臭

どちらもアルカリ性を示す。

クエン酸には、においも抑える消臭効果があるのでトイレを綺麗で清潔に保つ為には、とても最適。

クエン酸の使い方

クエン酸スプレーを用意出来ると更に便利に掃除が出来やすい。

クエン酸スプレーの作り方

用意するもの

粉末のクエン酸 小さじ1

水 500ml

ボトルスプレー

粉末のクエン酸と水をボトルスプレーに入れて混ぜるだけ!

汚れによっては、クエン酸の量も増やしてもOK!

あとは気になる箇所に吹きかけて、スポンジ等でこする。

頑固な汚れには

蛇口の根元、水栓やシャワーヘッドには、クエン酸水パックがおすすめである。

クエン酸水スプレーを吹きかけて、その上からキッチンペーパーを被せ、更にクエン酸水スプレーをかけて時間を置く。

汚れ具合いにもよるが、時間は1時間以上は見ておきたいところだ。

使ってはいけない場所、注意事項

塩素系漂白剤と混ぜると有毒ガスが発生するため、併用しない。

鉄、セメント、大理石に使用すると錆びたり傷んだりするため使用を避ける。

クエン酸は湿気に弱くカビが発生しやすいため、乾燥した冷暗所に置いて保存する。

まとめ

家庭の掃除の中で様々な用途に利用出来るクエン酸。

更に、掃除だけでなく、クエン酸は健康や美容にも良い。

こちらも幅広く生活に取り込んで上手く使って行きたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする