セスキ炭酸ソーダ重曹より強い掃除力 酸性のものに効きやすい

家庭の掃除といえば、重曹やクエン酸などは利用している方も多いと思う。

今、ひそかに人気のセスキ炭酸ソーダ。

重曹やクエン酸に負けないぐらい用途が沢山ある。

特に掃除や洗濯には持ってこいのセスキ炭酸ソーダについて調べてみた。

セスキ炭酸ソーダとは何か

引用:https://www.live-science.com/

セスキ炭酸ソーダとは、セスキ炭酸ナトリウムとも呼ばれる。

無機化合物で、アルカリ性の性質を持つ。

実は重曹よりセスキ炭酸ソーダの方がアルカリ性は強い。

そして、重曹より水に溶けやすくて洗浄力は強い為、お掃除にはおすすめ。

また、安全性も高く、自然にも優しく、手荒れの心配はない。

常温保存で長期保存も出来るので、使い勝手も良く、100円ショップやホームセンターでも手軽に手に入れやすい。

おすすめの掃除場所

セスキ炭酸ソーダは弱アルカリ性。

性質が反対の酸性のものを中和し、汚れを落としやすくしてくれる。

キッチンの油分

手垢

血液汚れ

洗濯槽の掃除

お風呂の掃除

ソファ、ベッド掃除

上記の場所に向いている。

向いていない場所、汚れ

同じ性質のアルカリ性の性質のものには向いていない。

衣類のシミ靴下泥汚れユニフォームには向いていない。

口紅や機械油など頑固な油汚れも同じく汚れは落ちにくい。

セスキ炭酸ソーダスプレーの作り方

セスキ炭酸ソーダを活用するためにスプレーがおすすめ。

作り方も簡単である。

用意するもの

セスイ炭酸ソーダ 小さじ1

水500ml

スプレー容器

スプレー容器にセスイ炭酸ソーダ、水を入れて容器をふれば完成!

セスイ炭酸ソーダの濃度は汚れによって合わせると良い。

作り置きの場合は、2・3ヶ月以内を目安に使い切ることがおすすめである。

使い方

使い方は場所によって様々であるが、こちらも簡単で手間はかからない。

油汚れ、食器、換気扇、グリル、手垢

気になるスプレーを吹きかけて、汚れが浮いてきたら、拭き取る。

拭いた後は水吹きを行う。

それでも落ちない場合は、セスイ炭酸ソーダを染み込ませたキッチンペーパーを気になる部分に置き、しばらく放置し、拭き取る。

洗濯

掃除だけでなく洗濯物にも良い。

30Lに対して小さじ2杯〜大さじ1杯程度のセスキ炭酸ソーダを入れ、洗濯する。

消臭効果も期待できる。

洗濯槽

高水位まで50℃くらいのお湯を注ぎ入れる。洗剤の投入口などにも注ぐと洗剤カスが溶けてキレイになる。

槽全体に漂白剤を入れる。水量10Lに対して50gほどが目安。

10秒ほど運転して混ぜ合わせる。

2時間〜ひと晩ほど放置して、汚れに浸透するのを待つ。

目の細かい網やいらないストッキングを使って浮いてきた汚れをすくい取る。

槽を動かすたびに汚れが出てくるので同じ作業を何度か繰り返す。

最後にもう一度きれいな水を入れ、通常の洗濯コースを回して完了。

 

ソファ、ベッド

汚れが目立つ場所にふりかけ、しばらく放置しておけばOK!

まとめ

掃除にはもってこいのセスキ炭酸ソーダ。

他にも、セスキ炭酸ソーダと重曹を組み合わせると良い掃除場所などもある。

セスキ炭酸、重曹、クエン酸、用途によって使いわけたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする