ダイエット、病気の予防に最適 MCTオイルの効果

ダイエットや健康、美容面で今話題のMCTオイル。

オイルも様々な種類のオイルがあるが、MCTオイルは身体にどんな働きをしてくれるのか調べてみた。

MCTオイルの栄養素

そもそもMCTオイルとは何か。

MCT=中鎖脂肪酸

主にココナッツやヤシの植物、種子に含まれている天然成分。

牛乳や母乳にも含まれており、普段から摂取している。

中鎖脂肪酸とは油の主成分の脂肪酸の分子が鎖状に繋がった分子のことをいう。

この鎖状が一番長いのが長鎖脂肪酸。

次に長いのが中鎖脂肪酸。

ココナッツオイルにはこの中鎖脂肪酸が60%含まれるが、MCTオイルには100%含まれる。

ダイエット、美容、健康に最適 MCTオイルの効果

油の成分でも身体に良いと言われている油、MCTオイル。

様々な効果を身体に良いことをしてくれる。

エネルギー変更が速い ダイエットに効果的

中鎖鎖脂肪酸は身体の中で素早く消化吸収されて、分解される。

長鎖脂肪酸に比べて、すぐにエネルギーとして使われる。

エネルギーとして使われる材料は、身体の中の体脂肪。

脂肪をエネルギーに変更して使うので、結果、脂肪燃焼効果が期待出来る。

また、満腹中枢を刺激しやすいため食欲を抑制してくれる効果がある。

認知症の予防になる

認知症やアルツハイマー認知症は、ブドウ糖を上手く使えないことが原因と言われている。

ブドウ糖は脳のエネルギー源となるもの。

中鎖脂肪酸から作られるケトン体も、脳のエネルギーになりやすい。

ブドウ糖を上手く使えない変わりに、このケトン体が代わりに働いてくれることで、認知症やアルツハイマーの予防になる。

またパーキンソン病の予防にも効果があると言われている。

食べ方

MCTオイルの摂取の仕方は、特に低糖質ダイエットを行ってる人に特におすすめ。

糖質は身体の中で一番エネルギーとして使われやすい。

糖質を制限し、MCTオイルを食事で取り入れることで、中鎖脂肪酸から、ケトン体を身体の中で作り脂肪燃焼効果があるためである。

糖質制限してない人でも正しい知識を持って食事を行えば健康的な身体をゲット出来るだろう。

熱に弱いため熱しないほうが良い

炒め物や揚げ物には使えわないほうが良い。

高熱に使ってしまうと、中鎖脂肪酸の効果か半減してしまう。

サラダにかけたり、コーヒーに入れたり、生で使うのが効果的である。

味も無味無臭なので食事にも取り入れやすい。

1日の摂取量

MCTオイルの1日の摂取量の目安は約30gと言われている。

1回の使用量・・・小さじ1杯~大さじ1杯
1日の使用回数・・・1回~3回

過剰摂取してしまうと、体重が増えてしまったり、お腹が下しやすくなってしまったりしやすいので気をつけたい。

まとめ

MCTオイルは正しい知識と使い方によって、ダイエットや美容、健康面でも身体にいいことに働いてくれる。

ただ使えばいい訳でもない。

正しい知識を持って、幅広い年代に利用して頂きたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする