大竹拓也 顔画像やFacebookは?長女に暴行事件!家族構成は?

茨城県大洗町で、生後3か月の娘を激しく揺さぶり大けがをさせたとして、父親である大竹拓也容疑者が逮捕されました。

またもや虐待事件です。

今回はこの事件についてリサーチしました。

スポンサーリンク

事件の概要

事件の概要はこちらです。

引用:https://www.fnn.jp


 逮捕されたのは茨城県大洗町大貫町に住む代行運転手、大竹拓也容疑者(24)です。大竹容疑者は去年8月1日、当時、生後3か月だった娘の頭部を激しく揺さぶるなどの暴行を加え、硬膜下血腫の重傷を負わせた疑いが持たれています。

 警察によりますと、大竹容疑者は暴行の後、娘を病院に連れて行き、医師に「子どもを寝かせていて、目を離したすきに子どもが枕から床に落ちて、うつぶせで泣いていた」と説明していましたが、翌日、娘の欠席の連絡を受けた保育園が虐待を疑い、事件が発覚しました。

 その後、警察は医療関係者から意見を聴くなど慎重に捜査を続け、1年以上が経過した8日、大竹容疑者を逮捕したということです。大竹容疑者は調べに対し、容疑を認めているということです。

引用:https://news.tbs.co.jp

1年以上前から起きていた事件でした。

生後3ヶ月の赤ちゃんです。

まだまだ小さくて、親のお世話が必要な時期ですよね。

そんな時期に虐待を受けていたら心理的ストレスも感じそうです。

 大竹拓也容疑者のプロフィール

名前大竹拓也
年齢24歳
住まい茨城県大洗町大貫
職業運転代行手

大竹拓也容疑者の顔画像は?Facebookは?

今回、報道やマスコミには残念ながら大竹容疑者の顔写真は報道されていませんでした。

また大竹容疑者のFacebookアカウントをこちらで調査してみました。

ただアカウントを特定することは出来なかったので、今回はその検索結果だけ紹介させて頂きます。

大竹智久容疑者のFacebookアカウントこちら

公開され次第、また加筆したいと思います。

犯行の動機は?

犯行の動機は詳しく分かっておりません。

日頃の疲れストレスでもあったのでしょうか。

仕事も代行運転手というと、勤務時間も夜遅く、不規則ですよね。

でもだからといって、大事な自分の子供に暴行をしてしまうのは良くないです。

こちらも詳しい情報分かり次第、加筆していきます。

スポンサーリンク

家族構成は?他に子供はいるのか?

大竹容疑者は、と今回被害にあった長女3人家族です。

暴行後、仕事を終えて帰宅した妻がいつもと違う泣き方に気付き、長女を病院に連れて行きました。

警察は児童相談所からの通報を受けて捜査していたようです。

もし妻がいなかった今頃、最悪な事態になっていたかもしれませんね。

長女の容態は?

長女は緊急入院したが、命に別条はなく、現在は施設にいるみたいです。

しかし当時は、硬膜下血腫の重傷を負わせた疑いがありました。

硬膜下血腫とは、

頭蓋骨(ずがいこつ)の内側にある硬膜内で出血し、塊となった血が脳を圧迫する。急性の多くは頭を強く打つなど外部からの衝撃で起きるが、乳幼児の場合、揺さぶりなどでも起こり、虐待されている子どもに多くみられる。眼底から出血しているケースは特に虐待の可能性が高いとされる。また、硬膜下血腫が慢性化している場合、虐待が繰り返されていることがある。

引用:https://kotobank.jp/word/

乳幼児の虐待の事件に躊躇に出る症状みたいです。

今回、命に別状はなかったようですが、早い段階で発見出来て本当に良かったです。

事件の場所は?

今回の事件の場所は茨城県大洗町という町です。

ネットの反応は?

ネットの反応は様々です。

保育園が機転をきかせてくれて、良かった。このケースばかりでなく、これからは、子供に関わる周囲のみんなで、子育てを見守っていかないと危険かもしれない。

家を見るからに、子供にとって施設行きはベスト。早い段階でこうなった事は、幸せだったと思う。ある意味ついてるとも言える。病院つれてくくらいだから殺す気はなく愛情はあるが弱い人間と言う事であり、こんな父親のもとにのらりくらりと長年育てられてしまうほど不幸な事は無いよね。本当、よかった。

本当にさ…子供の虐待とかはもっと重い刑罰を与えないといけない。軽すぎるからこんなにも増えてる。殺人、殺人未遂だよ?

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

まとめ

今回は周りの気づきがあり、長女の命が無事助かりました。

特に今回のように共働きの家族は、子育ての環境がとても大切だと思いました。

それは、子供だけでなく、親の子育てのストレス状態にも気づきが必要ではないでしょうか。

今後こういった事件が起こらないような対策が必要ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする