小島一朗被告 顔画像あり!責任能力有りと判断され起訴!起訴後の被害者の家族は?

新横浜-小田原間を走行中の東海道新幹線で6月に乗客3人が殺傷された事件がありました。

この事件で小島一朗(22)被告が起訴されました。

皆さん、この事件覚えていますでしょうか。

本当に残酷な事件でしたよね。

今回はこの事件についてとなぜ今頃起訴されたのかをリサーチしました。

スポンサーリンク

事件の詳細

事件の詳しい内容はこちらです。

引用:日テレ

今年6月、東海道新幹線の車内で乗客3人がナタで切りつけられ死傷した事件で、横浜地検は逮捕した男の責任能力は問えると判断し、19日、殺人などの罪で起訴した。

殺人や殺人未遂などの罪で起訴されたのは、無職の小島一朗被告。起訴状によると、小島被告は今年6月、東海道新幹線の車内で乗客の女性2人をナタで襲ってケガをさせ、止めに入った乗客の梅田耕太郎さんを切りつけて殺害するなどした罪に問われている。

引用:日テレ

小島被告は無差別に殺害したと述べています。

本当に怖い事件でしたね・・・

でも何か小島被告の心の闇も感じます。

小島一朗被告のプロフィール

名前小島 一朗
年齢

22歳

住所愛知県岡崎市蓑川町
職業無職
出身愛知県一宮市
学歴定時制高校を卒業

小島一朗被告の顔画像は?

小島容疑者の顔画像はこちらです。

引用:日テレ

髪も無動作伸びきっていて、ヒゲも生えています。

小島被告の生い立ち

小島被告はこれまでどういった生い立ちだったのでしょうか。

14歳両親との関係が悪化したとの理由で、生活支援施設に入所しています。

定時制の高校に進学

高校を卒業後は、職業訓練を経て、埼玉県や愛知県の機械修理会社に勤務しますが、人間関係のトラブルで1年ほどで退職しています。

2017年9月には、祖母養子縁組を組んでいます。

ですが、昨年12月に「自由になりたい」と残して、家を出たきり行方が分からなくなっているようでした。

家族関係の複雑な関係からの愛情不足が感じますね。

犯行の動機

犯行の動機は何だったのでしょうか。

小島被告は逮捕後の取り調べで、「刑務所に入りたかった」「出所したらまたやる」などと供述していました。

引用:メ〜テレ

「自分で考えて生きるのが面倒くさかった。他人が決めたルール内で生きる方が楽だと思い、無期懲役を狙った」との趣旨の供述をしていることが19日、捜査関係者への取材で分かった

引用:産経新聞

許されない理由ですが、なんとなくこの発言から疎外感、寂しさをすごく感じました。

自分で生きるのが面倒な理由で無期懲役までの事件を起こしてしまうのでしょうか・・・

スポンサーリンク

なぜ起訴になったのか?

小島被告は、精神状態を調べるために鑑定留置されていました。

横浜地検小田原支部は同日、殺人などの罪で起訴した。同支部は、刑事責任能力の有無や程度を判断するため、7月13日から4カ月間、鑑定留置を実施。精神鑑定の結果を踏まえ、刑事責任を問えると判断した。

引用:産経新聞

過去、2017年2〜3月ごろに自閉症であると判断され病院は入院しているみたいです。

このことから、警察は小島被告の様子を見ていたようです。

鑑定の結果から今回起訴されました。

起訴とは?

そもそも起訴、不起訴とはどういった意味でしょうか?

簡単に述べているものを探してみました。

この勾留の期間に検察官は、証拠を集めて被疑者を起訴(裁判所に対して審判を求める意思表示)するかどうかにつき検討します。

そして、勾留の満了日までに被疑者を起訴するのか、不起訴にするのかを決断しようと試みます。有罪に問うための材料が乏しかったり(嫌疑不十分)、そもそも罪には問えないと判断すれば(嫌疑なし)、不起訴になります。

引用:https://lmedia.jp/

診断を求める意思疎通があると判断された場合みたいです。

起訴後の被害にあった梅田さんの妻は?

犯行を止めようとして、梅田耕太郎さん当時(38)が殺害されています。

小島被告の起訴を受け、梅田さんの妻は代理人弁護士を通じてこうコメントしています。

「突然家族を奪われた悲しみが癒えることはありません。このような悲しい事件が起きないよう願うのみです」とのコメントを出した。

引用:産経新聞

いきなりのことでまだまだ受け入れがたい事実ですよね。

梅田さんの奥さんがコメントを残しているように、今後こういった事件は起こってほしくないです。

ネットの反応

ネットの反応は様々です。

毎度のことだが精神鑑定は必要ないと思う。

おばあちゃん大変だったでしょうね。
親は何してる、しっかり育てて下さい。
亡くなった方が気の毒すぎる。

結局他人のせい。
自死を勧めるわけではないが、他人に矛先を向けるくらいなら自分でどうにかすればいいし、22歳なら縁を切られても自分でなんとかしなきゃいけないだろう。
今後どうするかではなくやってしまった事への責任はしっかりと果たして欲しい。事件性から言ったら極刑が妥当だと思うけど。

引用:Yahooニュース

スポンサーリンク

まとめ

小島被告が起訴された事件について、警察は小島被告の精神状態を確認していました。

でも果たして確認する必要はあるのでしょうか。

犯した事件は、立派な罪ですよね。

残されたご家族のことを考えると、適した処罰を補って欲しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする