おからパウダー おからの成分はダイエットに持ってこいのものばかり

今話題のおからパウダー。

ライザップで−12kg減量に成功した、佐藤仁美も愛用していた。

おからパウダーは本当にダイエットに効果的なのだろうか。

おからパウダーとは

そもそもおからパウダーとは何か。

豆乳や豆腐を作るときに生成される「おから」を乾燥させたもの。

乾燥させ、更に栄養を凝縮させた物がおからパウダー。

乾燥させたおからパウダーは生のおからより約4倍食物繊維が含まれる。

おからパウダー100gあたりの栄養素

カロリー 350kcal

たんぱく質 24.6g

脂質 15.6g

糖質 5.9g

食物繊維 45.2g

おからパウダーと似ている大豆粉やきな粉に比べて、カロリー、脂質、糖質量、控えられている。

それに比べ、食物繊維はより豊富に含まれるとても優秀な食材だ。

おからパウダーの効果

カロリーや脂質、糖質量が少ないだけでなく、身体にも優しく、ダイエットや健康にも効果があるおからパウダー。

食物繊維が豊富 便秘解消

おからに含まれる不溶性食物繊維。

水に溶けにくく、便のカサになりやすいので、便通の促進効果がある。

また、おからに含まれるオリゴ糖は、腸内環境を良くしてくれる、善玉菌を作ってくれる菌を作りやすい。

二つの効果から、便秘解消に効果的である。

血糖値が上がりにくい低糖質

高糖質の食材を摂ると、血液の中の血糖値が上昇する。

血糖を下げようとインスリンというホルモンが出る。

このインスリンが脂肪を作りやすくしてしまう。

しかし、おからパウダーのような低糖質の食材はインスリンの分泌を抑えやすい

結果、脂肪がつきにくい食事が出来る。

ホルモンバランスを整える

おからパウダーに含まれる、イソフラボン。

イソフラボンは女性ホルモンと似たような働きをする。

特に女性の月経期間中は、ホルモンバランスが乱れやすい。

食欲の増加、イライラしやすかったり、肌荒れ、頭痛等、様々な症状が起こりやすい。

ダイエット中であれば、食欲の増加は特に避けたいところだ。

イソフラボンを摂取することで、こういった症状が抑えやすい。

更にそれだけでなく、イソフラボンには、骨粗鬆の予防、がん予防にも効果的である。

ダイエット以外でも、健康や美容面でも身体作りに積極的に取っていきたい。

まとめ

おからパウダーの1日の摂取目安量は1日30gが目安である。

いくら低糖質の食材だとしても、食べ過ぎはもちろん痩せない理由の一つだ。

適量を適切にお食事することが大切である。

また食事だけではなく、佐藤仁美もライザップで行っていた、筋肉トレーニング。

食事だけでなく、運動も加えて行いたい。

食事と運動、そしておからパウダー。

この3つを上手く組み合わせて行えると、よりダイエットの効果は出やすいだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする