アーモンド ダイエットの間食としておすすめ

今ダイエットや健康面で話題のアーモンド。

スーパーやコンビニでも手軽に購入でき、私たちも日常で手軽に購入出来やすい。

今回はそんなアーモンドの成分について調べてみた。

アーモンドの栄養素 

アーモンド10粒 10gあたりの栄養素

カロリー60kcal
たんぱく質1.86g
脂質5.42g
炭水化物1.97g
食物繊維1.07g

ダイエットにも健康にも効果抜群なアーモンド

アーモンドに含まれる栄養素は身体に優しいこと、嬉しいこと沢山!

ビタミンEが豊富 美肌効果

他の食品に比べてビタミンEが豊富に含まれている。

なんとゴマに比べて約300倍!!!

ビタミンEの働きは主に抗酸化作用、アンチエイジング作用。

簡単に言うと、身体の中のサビ、老廃物を除去してくれると言われている。

そのため、美肌効果も期待出来る。

オレイン酸が豊富 コレステロール値軽減

アーモンドの脂質の70%がオレイン酸で出来ている。

オレイン酸とは善玉コレステロールを維持し、悪玉コレステロールを減らしてくれると言われている。

オレイン酸は不飽和脂肪酸という脂質である。

不飽和脂肪酸は、脂肪になりにくく、むしろ脂肪燃焼効果も期待出来る。

食物繊維が豊富 便秘解消に効果的

アーモンドの約12%食物繊維から出来ている。

アーモンドに含まれる食物繊維はごぼうの倍近い量、レタスの約9倍を含んでいる。

特に不溶性食物繊維が豊富である。

不溶性食物繊維は身体の老廃物を除去し、便のカサを増やしてくれる効果がある。

また腸内環境を整える効果もあるので、身体の中から綺麗にしてくれる。

ミネラルが豊富 身体の調子を整えやすい

カルシウムやマグネシウム、鉄分、亜鉛などミネラルが豊富に含む。

カルシウムは、骨や歯を作る成分である。

マグネシウムが含まれていることで骨粗しょう症の予防になったり、貧血防止むくみ予防デトックス作用などあらゆる効能を得やすい。

アーモンドに含まれるミネラルは、身体の調子を整えてくれる。

1日の目安量も大切

1日20〜25粒が理想の個数と言われている。

食べ過ぎてしまうと、肝臓の機能障害下痢吐き気・筋力の低下・ヘルペスなどの症状がみられやすい。

その量は1日2kg

普通に食べる分には問題ないが、適切な摂取量にも気をつけて取り入れたい。

まとめ

お子さんやご年配、男性、女性、幅広い層におすすめ出来るアーモンド。

また最近では、グリコが提供しているアーモンド効果などの飲み物タイプもある。

忙しかったり、歯が弱い方にも気軽にアーモンドが摂取できる。

こちらも加えて試してみたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする